2009-10-02

自家製

このごろ漬け物から梅干しかららっきょに至るまで我が家は自家製である。(と

いっても作るのはわたしではない。)その職人のようなこだわりと、力の入れよ

うには頭が下がるが、せまい台所が漬け物工場と化して迷惑している。(食べる

のにこんなことを言ってはいけない)昆布や唐辛だけでなく干した柿の葉のとか

大根の葉っぱも入れて最高のぬか床を作るとのこと。となりで作り手が塩を3%

にするか5%にするかいろんな人に電話をかけ相談していたので「なら4%でい

いんじゃあない?」と軽く口を挟んでしまったあとで、しまったと思った。こう

いうふうに無難にまとめてしまおうとするところがわたしの悪いところなのだ。

ここで「3.3%くらいにしてみたらどうなるんだろうね」と言える知的余裕が自

分にあったらと思う。そんなわけでうちの漬け物は有機で手間ひまかかっている

のでとてもおいしい。人と会うたびにこの自慢の漬け物を手みやげにし、とても

喜んでもらったので、思いきって漬物屋を開業しようかと思うほどだった。(※

もちろん作るのはわたしではないけれど。)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください